アイファミーユのシステム開発は

業務経験をベースにしているから使いやすさが違います!


今や、パソコンは仕事に不可欠なものになっていますが、

進化を続けるパソコンの能力を業務に十分活かせていない会社は意外に多くあります。

 

★パソコンで文書は作っているけれど、単なるワープロとしてしか使っていない

★excelを使っているものの、データとしては活かせていない

★手書きはなくなったけど、手入力の手間は相変わらず

★パソコンを使いこなせない人がいて、業務の効率化にはなっていない

などの声はよく聞かれます。

 

あなたは何を使って仕事をしていますか?

 

市販のソフトは、やはりよく考えられていて、一般的な業務内容には対応できるよう様々な機能が組み込まれています。

しかし実際に使ってみると、自社には不要な機能がたくさん含まれていたり、逆に必要なデータが出力できない仕様だったりすることはよくあります。

 

自社向けに開発したソフト(システム)は、市販ソフトのようなことはありませんが、開発コストは市販品の比になりません。高い金額を払っても、その後の業務が効率改善され、使い易い、データの管理・利用ができるものになれば見合うかも知れませんが、その出来は開発会社や社内の担当者の能力次第という面があります。

導入後にいろいろ変更したい点が出てきても、変更には安くない金額がかかります。

不便なまま使い続ければ、業務効率は良くならず、使う社員の不満を増えて行き、不便を解消するにはお金がかかるという、どちらも経営側にとっては悩ましい問題になってしまいます。

 

だからこそ、システムの導入には細かい点まで気を配ることが大事なのです。

 

 

アイファミーユでは、何が違うの?

 

1.実務経験のある担当者が問題点の確認から開発までを担当します

アイファミーユでは、システム開発だけしか経験していない者が業務システムを開発できるとは考えません。

やはり、業務を理解した上でなければ、便利な、使い易いシステムにはならないと思うのです。

だから、実務を経験した者が、システムを設計、開発することにこだわります。

 

まずはお客様の業務を知ることから始め、必要であれば、業務把握のためにお客様の会社の従業員と同じように業務に就くこともあります。

社内SEのような存在になることで、お客様のニーズに合ったシステムができあがるのです。

そして、それがシステムのミスマッチやコストの浪費を防ぎます

2.必要最小限のシステム開発を心がけます

アイファミーユは、お客様の経営にプラスになることを第一に考えています。

お客様が必要とされる内容を吟味し、それに対応できる必要最小限のシステムをご提案することで、膨大な開発コストがかからないようにしています。

 

これは、アイファミーユが小さな会社だからできることです。

地域に根ざし、人と人の繋がりを大事にしているから、誠実にお客様に向き合っています。

3.変更・追加などに、低コストで対応します

アイファミーユは、FileMakerというデータベースソフトを活用したシステムをご提案しています。

これは、情報の検索がとても容易で、機能の追加などにも柔軟に対応できます。

 

だから、お客様のご要望が途中で増えたり変更されたりしても、大きなコストが発生せずに対応可能なのです。

 

4.社内担当者の教育もお引き受けします

FileMakerは市販ソフトなので、少し勘がある人であれば、独自にプログラムを作って行くことも可能です。

でも、日々の業務をこなしながら、マニュアル片手に習得するのには、それなりの時間がかかってしまいます。

アイファミーユなら、お客様の社内担当者がFileMakerを使いこなせるようになるための教育も行います。

 

社員が開発できるようになれば、高いお金を払って外部の会社に開発依頼することもなくなります。

また、社内業務を一番理解している社員が開発することで、もっとも適したシステムにすることが可能です。

 

これまでの開発実績

・埼玉県東松山市 M社(会員管理システム)

・埼玉県川越市  O社(生産管理システム、資材購買システム、在庫管理システム、海外輸出管理システム)

・埼玉県東松山市 K社(受注管理システム、出荷管理システム、昼食発注システム)

・東京都足立区  K社(受発注管理システム、海外輸出管理システム、経理システム)

・神奈川県茅ヶ崎市Q社(社員管理システム、有給休暇管理システム、昼食発注システム)

・埼玉県比企郡  I社(特殊カレンダーシステム)

・埼玉県比企郡  H法人(施設管理ファイル)